Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< PM-200efHV 委託品が出ました!(売約済み!) | main | 委託ギターのご案内! >>
デュアルピックアップとは
さあ、今年も早くももう2月、この前初詣に行ったと思ったんですけど
早いです。

2月に入り昨年より計画していたepasの拡張モジュールであるepas EQ+も発売となりました。
調整機能の無いepasに接続することでEQ機能とクリーンブースター機能を拡張する
EQモジュールです。

アコギに特化した特性によりとても気持ちの良いイコライジングが出来ますので、epasと
組み合わせてプリアンプシステムとして是非ご使用ください。

さて今日は、意外と多いご質問から「デュアルピックアップ・システムってどういうものを言うのか?」
と言う事を少し解説していきます。

押尾コーターロ氏の出現から俄然注目されているデュアルピックアップのシステムですが
一体どういうものをそう呼ぶのか? 
意外と多くの方が、そういったシステムには疎いので全然分かりません。
と言う事で今回は、アンフィニでもメインとなっているシステムを例に説明してみます。


デュアルピックアップ!
まあ簡単に言えば「2つのピックアップを搭載したギター」と言う事です。

しかし一口にデュアルピックアップと言っても、様々なものがあります。
例えばLR・Baggsのアンセム、このピックアップはインブリッジ(アンダーサドル)
とコンデンサーマイクの組み合わせのデュアル、 B-Bandはインブリッジと貼りピエゾ
Fishmanのレアアース・ブレンドはマグネティックとコンデンサーマイク、エリプスブレンドは
インブリッジとコンデンサーマイク、などなどいろいろあります。

これらの特長はデュアルで有りながら出力は1系統モノラルでの出力です。
一般的なギターシールドがあれば様々なギターアンプや、プリアンプでそのまま
使用が出来ます。

では何が違うのか?

現在フィンガースタイルで主流なものは主にボディに貼り付けるコンタクトピエゾ
ピックアップとサウンドホールに取り付けるマグネティックピックアップの2つを
使用するデュアルピックアップ、ただそれだけだと形式が違うだけで、変わりませんよね。

さて何処が違うのでしょう。

今主流なシステムではこれらの2つのピックアップから出て来る信号を「バラバラのまま」
ギターから取り出して、外部で好みのバランスでミキシングしてしまおうと言う事なんですね。

もちろん前者のピックアップでもバランスを変更したり、音質を調整したりと言う事は
可能なのですが、細かい調整が出来ないと言う事と、ギター内部に大きく重いバッテリーや
プリアンプ回路などが取り付けられることになります。

しかし外部で調整をすることで非常に高い音質のサウンドを得やすいと言う事があります。
2つのピックアップのバランスや音質を個別に調整することで好みの音質に容易に
近づけることが出来ると言う事は最大のメリットですね。

では実際にはどの様になっているのでしょう。

アンフィニのシステムを例にして行きます。



アンフィニのシステムでは、ギターにコンタクトピエゾと、マグネティックピックアップが取り付けられ
それぞれの出力は、ステレオフォンジャックを介して独立して出力されます。

アンフィニではコンタクトピエゾをメインピックアップにしていますので、ステレオフォンジャックの
チップ側にコンタクトピエゾ、リング側にマグネティックピックアップが出力されるように
配線をしています。

2つのピックアップはバラバラに独立して送り出されますので、プリアンプ(ヘッドアンプ)も
2つのピックアップの入力が受けられる2つのチャンネルを持った2chプリアンプやモノラルの
プリアンプであれば2台のプリアンプを用意する必要があります。

今回は新製品のepasを例に図にしてみましょう。




ギターから独立に出力された信号は、ステレオケーブルを使用する事で2つのピックアップの
信号をバラバラのままプリアンプまで送ることが出来ます。
epasの場合では2つの信号までを入力することが出来る2chヘッドアンプなのでステレオシールドを
接続することで2chのミキサーアンプとして使うことが出来ます。

そしてその2つのピックアップの信号を任意にミキシングして出力することが出来る様になっています。

これはepas以外の2ch仕様のプリアンプであればほぼ共通です。

一部ステレオジャックではなく独立した2つのジャックを持った製品もありますので
その場合はギター側はステレオプラグ、アンプ側はモノラルプラグ×2のステレオY字ケーブル
を使用することで同じ使い方になります。

さてここで、モノラルのシールドを差した場合どうなるでしょうか?

モノラルシールドを使用した場合は、物理的にリング側とアースがショートされミュートされて
しまうのでマグネティックピックアップのサウンドは出なくなります。
チップ側、今回の例ではコンタクトピックアップのみが機能することになります。

なので2つのピックアップを使用するにはステレオシールドが必要になると言う事ですね。

ただここでステレオシールドと呼んでいますが、実際にはステレオで信号を伝送するわけではないので
厳密に言えば2chシールドと読んだ方が良いのですが、製品としてステレオシールドの方が
通っていますので便宜的にステレオシールドと呼んでいます。

また、これも良く言われるのですが、「自分のギターはモノラルなのでデュアルピックアップ対応の
プリアンプは必要ないのでは?」と言う事があります。

そうですね、モノラル出力のピックアップでは2chの入力は必要ありませんね。

しかし見方を変えてみてください。

デュアルチャンネルだから必ず2つのピックアップが搭載されてるギターしか使えないのか?
そんな事は有りません。

2chプリアンプは2chまでのチャンネルが使える、いわばプリアンプ機能を持った
アコギ用のミキサーでもあるわけですね。

これは良くお客様にも言うのですが、6chや12chのミキサーに必ずしもch数一杯一杯の
マイクを繋がなくてはいけないか?
と言う事を想像して頂くと、2chまで使えると言う事だけでモノラルのギターを
繋いではいけないと言う事ではないんですね。

epasを始めR-Zeroもそうですがやはりそのサウンドを聴いてみていただきたいんですね。
価格や機能ではなく、そのサウンドのアドバンテージを体感していただきたい
ヘッドアンプ・プリアンプです。

もちろん最終的には、実際に使用するプレイヤーの求める部分。
ここは最大公約数、最も大事なところ。
使いやすいサウンドが良い場合も有ります、でも作った側の偏った意見では有りますが
epasのピュアなサウンドは開放された空間を、はっとする瞬間を提供します。

そしてその包み隠すことの無いサウンドは、プレイヤーのテクニックを引き出す
お手伝いをしてくれるものと考えています。

少し横にそれましたが、デュアルピックアップの概念はいろいろあれど、アンフィニが提供している
デュアルシステムは2つのピックアップをコントローラブルにする事で得られる自由度の高い
サウンド、やはりこれにつきますね。

さあ、楽しみましょう!
 
| 雑学編 | 00:42 | - | - |


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS