Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< 夏のキャンペーンやりま〜す! | main | カーボンケース如何でしょう! 暑いのでセールです! >>
ギターの郵送について!
こんにちは〜

少しづつ暑くなってきましたね。
湿度上昇に伴いギターの調子も変化しますので、チェックをしてみて下さいね〜

さてそういった場合私の所にも定期メンテナンスのご依頼などが来るのですが
ギターを送りいただく際の梱包について、先日ご質問がありました。

アンフィニの箱には矢印が上と横の二カ所にあるのですが、これは何故ですか?



あるサイトで倒れてはいけないものは立てるべきでは無い、立てておく方向に矢印があるのはおかしい
言う事が書いてあったので心配です。
と言う事。

私はそのサイトがなんなのか、どのように書かれていたのかは知り得ませんが
すこし困ってしまいました。

そうですね。

実はこれには分けがあります。

ギターの運送は宅配便業者などの運送業者様が行うわけですが、トラックなどへの積載の場合は
基本的に移動可能な柵で囲まれた移動パレット内に「立てて」積載されるのが基本となります。
もちろん例外はあるので必ずとは言いきれないかと思いますが、基本的に長距離移動中の積載は
混載となるためスペース確保の兼ね合いからほぼそうなると言う事です。

実際玄関口に配達に来た状態では、横方向に表示があろうと、台車や、ぼてに立てて運ばれてきます。
最近は女性の配達人も多く居てマンションなどの配達はキャスター付きの台車に入れて各個を
回られていますのでその都合上必ず立てて運ばれてきます。

これらについてヤマト運輸の包装技術研究所から現場からの意見としてのアドバイスが有り、
ドライバーさんが持ちやすい移動の際にトラブルが起きにくい形であると言うことで、
基本的に立てて持ち、たてて運ぶと言う事が基本となるそうです。
また立てることでバンドでの固定もし易く運びやすいと言う意味もあると言うことです。

もちろん指定として横にして運べと言う事は可能なのですが、運送の手間とコンテナへの積載の
兼ね合いから立てて運べるようにして下さい、と言うのが運送会社としての希望で有り
本音と言う事のようです。

それを踏まえてアンフィニの梱包箱は基本的に立てて運ぶことを念頭に縦方向への矢印を
書いています。

但し横方向にして運ぶことも考慮し、その場合横にするのであれば取手側が上になるように
梱包するようにしています。
また伝票や付属品もそちら側に入れるようにしていますので、その意味も込めて横方向へも
印を付けています。

これらのことを知ってか知らずか、憶測で書かれてしまうことはそういった情報を元に
表示をしている側から見るととても困ってしまうんですね。

この辺は運んでいただく運送会社の都合に合わせると言う事も大事だと考えています。

なお何度か使っている間に「取り扱い注意」の表示の上に送り状を貼られることがありますが
この表示はドライバーさんへの注意喚起のための表記なので、必ず見えるように伝票を貼る場所は
注意書きをよけて貼って頂くようお願いいたします。





 
| 雑学編 | 13:17 | - | - |


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS