Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< アコギ、チューンナップ? | main | マイクロフォニックって? >>
とれもろ〜 あ〜〜〜むっ!
本日のご依頼は、Rain Song!
聞き慣れないメーカーですが全てがカーボファイバーで作られたアコースティックギター!
雨が降っても大丈夫と言うことでRain Song 良い名前です!

さて今回は変わったご依頼です、まず下の写真を見てください!



見慣れない物が付いています。
そうですトロモロアームです。
このギターは巨匠中川イサト師匠のご依頼でビグスビーのトレモロアームを取り付けいたしました。

このギター先日のイサト師匠の還暦のパーティーライブでもご覧になった方も多いと思いますがまさにそのギターへのアームの取り付けとなりました。

今までメーカー製の物でマーチンなどで制作されたものは有りましたが、後付は余りありません。店主もエレキギターへの取り付けは多く行ってきましたがアコースティックギターへの取り付けはほとんどありません。

今回アコースティックギターへの取り付けに際しまず表板の強度、テンション、サドルと言ったところに注意を払いました。

まず表板の強度については、幸いなことに Rain Song はウッドコアの周りにかなり厚いカーボンの層がありかなり強度は強いようです。裏側に手を当てるとブレイシングはおろかリブすらもない全くののっぺらぼうです。アームを取り付けるにはまたとないやりやすさです。

しかしだからといって重いアームユニットを取り付けるには不安もあります。
そこでエボニーのプレートを H型に切り出し、さらにリブ形状にすることでアーミングをした際に力が分散されるようにしてみました。



取り付け部のアップです。



アーミング時にはかなりのテンションがサドルにもかかるのとビグスビーの設定されている弦の間隔がエレキギター用と言うこともあり狭いのです。

そこでサドルには強度と摩擦に強い、ブラスを選び、なおかつ弦間隔を広げるため
ガイド溝を付け間隔を調整しました。

ただ広げるだけではアーミングの際引っかかりが出てしまうので、出来るだけスムーズな動きが出来るようなめらかな処理をすると共に導入溝の中でオクターブピッチの調整も行いました。



ビグスビーはそもそも大きなアーミングではなく、本来のトレモロ効果を出すためのアームですので大きなアーミングはしません。

可動範囲の中ではかなりスムーズな効果が得られたのではないかと思います。

イサト師匠も早速レコーディングで使用してみたいと言うことで、近い将来アーミングプレイが披露された音源が発表されるかもしれませんね。

店主も楽しみです。

ちょっと変わったチューニングですが、いや〜楽しい楽しい。
これからもいろんな事に挑戦していきます!

| リペア・カスタマイズ編 | 23:00 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/45


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS