Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< 再調整についてのお知らせ! | main | こんな事もあるんだ! >>
つまみ回してる?
 さっぶいです〜

風邪ひいてませんか〜?

さて今日はちょっぴり雑学
詳しく書くと長くなるので簡単に、簡素に書いていきたいと思います。

最近はピックアップシステムなどを搭載した電気のシステムを使用して
ギターを弾く機会が増えてきましたね。

周辺にはギタープリアンプ、エフェクター、ミキサーなどのオーディオ機器が
ごろごろ転がることになっているはず。

さてこれらの機器の使用していくうちにちょっとづつトラブルが起きてきます。
その代表が多くの皆さんが体験しているボリュームやトーンコントロールなどを
回すと出て来る「ガリガリッ」「ザリザリッ」と言う耳をつんざく不快なノイズ。

ボリュームによってはスピーカーを破損しかねないこのノイズ、結構悩まされます。

M-factoryシステムやPM-200efに採用されているボリュームは20年使っても
殆どこれらのノイズが出にくいパーツを採用しているので殆ど問題ないですが
多くのオーディオ機器は特殊なものを除き秋葉原や日本橋(にっぽんばしと呼んでね)
で数十円から100円程度でかえる一般的なボリュームと同じ品質のものが採用されて
いることが多いです。

そうするとどうしても内部のカーボンの抵抗被膜と接点になっている金属ブラシ
との間に電蝕や酸化皮膜などが形成されてしまうことでガリノイズが出てきます。

昔はボリュームとガリをかけてガリオーム等と呼んでいました。
それほど一般的に起こる症状と言えます。

でもこれは実は一定の条件下で最も発生しやすくなります。
それは何か・・・・・・・

操作しないこと」なんですね!

ボリュームなどの内部接点は結構面精度が荒く小さな点接触の集まりです
ここに電気が通ることで微細なスパークが発生します。
するとその部分には電気が通ることで発生する電食という錆が発生します
すると接点が接触不良となる事でこの忌々しいガリが発生します。

遭難ですボリュームなどのつまみを回さないことでどんどん症状が酷くなって
いくんですね。

良くマーキングなどをして1度調整をしたら動かさないツマミはありませんか?
こういった箇所はガリになりますよ〜
あと使わない場所は回さないと言うことは有りませんか〜
こういった箇所もガリになりますよ〜

なのでちょっと面倒でも使ったらボリュームをゼロに戻す、基準位置に戻す
と言うように使ったら回すと言う事を習慣づけるようにしてあげると
でないとまでは言いませんが「出にくくする」事が出来ます。

ライブの間にこういったガリが出るのは嫌なものです。

あとガリが出たときに良く接点復活剤を大量に吹きかける方も多いですが
これも要注意。

接点復活剤にはオイルが含まれた物も多いのです。
これが曲者!

このオイルが空気中の埃をまとい埃とオイルが徐々に練り合わされて
天然のコンパウンドになるため、接点が摩耗していく事でまたトラブルになる
と言う自体にもなります。

接点復活剤を使用したあとは1度洗浄してあげないと実は駄目なのです。

使い捨ての機材であればまあだましだまし復活剤をかけながら使ってもいいですが
高い機材は寿命を縮めてしまう原因ともなりますので注意が必要です。

ガリ防止にはとにかく操作をすることが重要です。
電源を切ったらツマミを戻す。
全部のツマミを一回しするだけでも大きな効果がありますので
面倒くさがらずに是非実践して下さい。
機材の寿命が格段に長くなりますよ。

あんまり書くとお仕事来なくなるので困りますが、知って楽しく演奏しましょう!
小さな雑学でした〜

いい音が出ると楽しいですよ〜
| お手入れ編 | 21:43 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/407


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS