Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< えるえっくすぴぃ | main | ぎたぁを買う そのいち〜 >>
ぷう吉カスタム!
 先日お伝えしたぷう吉くんのギター製作、夜ごとの作業で何とか後半戦の
ツアーに間に合いました。


ノンカッタウェイのカスタムです。


ボディ形状はSMD(スモールドレッド)でブレイシングはスタンダードなXブレイシング
とし、ノンスキャロップ仕様となっています。

サイドバックはマダガスカルローズを使用してみました。


良い感じです。

ご依頼を頂いてから、改めて彼のアルバムやYouTube等の音源スタイルを見て、聴き
まくってイメージ作りをしながら、そのイメージを図面にしていきます。

この作業が結構楽しい。
何枚もイメージ図面を引いて試作トップを製作して彼の奏法にマッチした
イメージを決めていきます。

今回は基本的にお任せでということで、イメージ作りが全てを決めますので
慎重になりすぎずいい加減にならないように・・・・・

インレイは基本控えめにと言うことでシンプルにしていますがワンポイントで
ぶたさんのイメージを一つと言う事で、これまたいろいろと考えて出しゃばりすぎない
範囲で、と考えながら肉屋の前でイメージがふと・・・・


こんな感じで、イヤーとんかつが食べたくなりそうな。
でも指板全体で見ると結構可愛いです。

そしてサイドポジションにも小さく花・・・ では無く鼻を


ふふ、どうでしょう。
下に四角いあごが付くと、どくろべえになってしまいそうですが、言わないで

細かい部分では最近はまっているラミネートナット。


今回はボディ周辺のバインディングのグリーンのストライプに合わせて、
緑色に染めたメイプルをラミネートしてみました。
なかなか綺麗に決まったかなと思います。

もちろんピックアップも彼の演奏に合わせた仕様で製作。
出過ぎること無くしっかりとした低域をコンタクトでも出し切るを
コンセプトに組み上げました。
サンライズの重低域に頼らず、マグネティックの輪郭やアタックを
うまくプラスしていけるように、コンタクト中心でギター本来の
サウンドをライブで活用できるようにと考えてみました。

試奏していただいた感じもスタイルに合った感じで仕上がったという
コメントが頂けて嬉しい時間でした。

まだ木も堅くしまりが強いですが後半のツアーでしっかりと育ってくれるのでは
無いかと楽しみにしています。
また変化に合わせて微調整をしながら最終の仕上げを行えればと思います。

最終的には彼の独特の演奏スタイルの一つであるボディスクラッチも考慮しピックガード
を延長する形でショルダー部分にスプルースで製作したスクラッチプレートを取り付け
スクラッチプレイに対応できるようにアレンジをしています。

今月末の新宿のステージではこのギターを使用していただけると言う事なので
是非ぷう吉くんのステージに足を運んで下さいね!

一仕事を終えて少しだけうれしさと、手元から嫁いでいった寂しさも感じる今日でした。


| 日記/一般 | 01:16 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/389


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS