Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< CAPO CAPO CAPO | main | ピックアップを付けると生音が悪くなるか? >>
ドレッド作ってみました〜
 ここのところ寝不足です。

仕事が終わってからの時間を使って1本出来上がりました。

今回はドレッドノートスタイル(5号機)です。



モデルネームは PROTO SMD(プロトタイプ スモール・モデファイド・ドレッド)

なぜSMDかというと通常のマーチンサイズのドレッドでは少し大きいと感じる
事が多いと言うのを多くのお客差に言われます。

だからスモールサイズのOOOやOM等のギターを選ぶんですと言うご意見が多い
んですね。

店主もドレッドが好きですが如何せん50肩の洗礼を受けてドレッドタイプを
長時間弾くとやっぱり肩がだるくなってしまいます。

う〜ん・・・と言う事でほんの少し小振りなドレッドを作ってみました。

小さいと言ってもトラベルギターのような小ささではなくほんの気持ち程度
ですが少し小振りにするだけでもずいぶんと弾き心地が変わります。

写真でおわかりのようにウエストがぐっとくびれたグラマラスなフォルムですね。
ウェスト部は少し上に上げて後ろに来るようにしたことでロングスケールなのに
OOOサイズを弾いているかのような感覚で弾けます。

合わせてブリッジデザインも少し変更



外形デザインは同じですが両ウィングを薄くシェイピングしています。

ロゼッタもあまり飾りをしない主義ですが、今回はちょっと豪華に



カッタウェイ部分にはエボニーをはめ込んでアクセントにしてみました。



ヒールの下には3ポイントのパールをあしらいました。

ありゃ、ほこりが・・・・・

実はこのパールの下には秘密の加工がしてあります。
ネックジョイントの振動を明確に伝えるためにカウンターバーを挿入し
ネックとネックブロックを一体化しさらなる振動伝達を行うように工夫しています。

カッタウェイもかなり深くして21フレット迄ストレスのない運指が可能となっています。

ボディは店主の好きなシトカスプルースとインドローズの組み合わせ。
店主はこの組み合わせが大好きです。
明確な理由はありませんがこの組み合わせの音が好きというだけなんですけどね。

今回ネックディメンジョンはナット幅45mm ジョイント幅58mm ブリッジ上の
弦幅58mmとこれまでよりナット幅のみ0.5mm広げています。
厚みもほんの少し厚めに仕上げてしっかりとグリップできるように形状を
決定しティアドロップシェイピングも合わせてとても弾きやすいグリップ感です。

ボディはD-28と比較してボディの全長が約15mm小さくボトムの厚みは約5mm
薄くなっています。

ウェストを絞り込むことですっきりとした感じですので少しからだが小さい方にも
バランス良く見えるデザインになっています。

あと今回よりギター内部に貼るシールのロゴデザインを一新しました。



如何でしょうか、基本的なモチーフは今までのアンフィニのロゴに
通じます。

このロゴは制作したギターのシールに使用する予定です。

一瞬なんだろうと思いますがこのロゴのイメージは右側の3本の弧を描いたラインが
弦の振動を、左端の円がサウンドホールを、丸い三つの楕円がサウンドホールから
発する音 響魂(おとだま)を表しています。

良い音がサウンドホールから響く事を願ってこのロゴをデザインしました。
気に入っていただけると嬉しいです。

ご希望に応じて天神にこのロゴをお入れすることも出来ますのでご相談下さい。

試奏ご希望の方はメールにてご連絡下さい。


| 今日の1shot! | 00:42 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/369


CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS