Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
| main | アコギのお手入れ2 >>
アコギのお手入れ1
ギターのチューンナップ、皆さんどうお考えですか?
ギターはある程度完成されていますよね?
でもレコードの音となんか違う、同じように弾いてるつもりなのに
ニュアンスが違う・・・ちょっと悔しい。
私も幾度となくそんな思いをしてきました。もちろんレコードは収録の際に様々な処理が
されていますので全く同じ音が出ることは有りませんが、その方向性を求めることは可能です。
ちょっと調整するだけでもがらっとニュアンスは変わってしまいます。
詳しい話は順を追ってしていきたいと思いますが、今日はまず普段のお手入れからと言う話をしたいと思います。
皆さんはギターのお手入れってどうしていますか?
から拭き、ポリッシュ、ワックス、色々なアイテムがありますよね。
塗装によってもそのお手入れ方法は違いますよね。でも今回はボディのお手入れではなく、ネック指板のお手入れ方法をちょっとだけ!
皆さん演奏が終わったあとちゃんと拭いてあげていますか?指板とブリッジは唯一ギターで塗装されていない部分です。アコギで使用されている指板の材料は、エボニー、ローズウッドなどの比較的堅い木で構成されています。ローズウッドに比べてエボニーは密度も高いので水分を吸収しにくい性質を持っていますが、これがフレットや弦に取っては困ったちゃんです。
演奏後は出来るだけネックを拭いてあげて下さい。指板は念入りに、出来れば弦を1本1本つまむように拭いてあげるとより良いですね。
そして弦を交換するときは、弦をはずしたあと、丁寧に指板とフレットを拭いてあげましょう。
特にフレットと指板の間は垢がたまりやすいので念入りに

汗を大量にかく方は数ヶ月に一度レモンオイルなどを塗り込んですぐに拭き取らずなじませてから丁寧に拭き上げて下さい。

そしたら弦を張りケースに入れ保管して下さい。
当たり前のことですがこれだけで指板に触れる指が喜んでくれます。気持ちが良いです。
練習にも身が入ります。

綺麗な指板で気持ちよくギターを弾きましょう。

次回はレモンオイルやポリッシュについて書いてみたいと思います。
| お手入れ編 | 22:24 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/3


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS