Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
<< ベース、ブーストするぜぃ! | main | メールでのお見積もりについて! >>
複数のギターのチューンナップをご検討のプレイヤー様へ!
 初めてのお客さまへのお願いです。

ここのところ初めてご依頼いただくお客さまについて、複数のギターのチューンナップを
ご希望されることが多くなってきました。

アンフィニでは出来るだけそのギターを良い状態に仕上げさせていただける様時間をかけ
入念に作業の方を行わせていただきますが、ギターにもそれぞれ個性や個体差など違いが
あり、ひとからげに同じセッティングで同じようなサウンドを求めると相反する結果と
なってしまう事があります。

また初めての場合、プレイヤーであるお客さまと、作業を行うアンフィニとの考え方の
ズレなどがどうしてもおこってしまう場合があります。
店主はお客さまのプレイを知りませんし、お客さまも店主の技術を知りません。
そういった面から相性なども見極めていかなくてはいけません。

例えば、プレイヤーサイドの考えとしてはとにかく弾きやすくしたいと言うことが念頭に
ありますが、それが上手く表現できず、お任せで作業を行ったとします。

アンフィニでは出来るだけギターの個性を見極めてそれを生かす、潜在能力を引き出して
あげたいというようにチューンナップを行った場合、その結果として違和感を生じると
いう形になる可能性も秘めているわけです。

先ずはプレイヤーであるお客さまの求める部分を見いだすため、出来るだけ演奏を見たり
聞いたりと言う事をお話しさせていただくのですが、自分は上手くないから、素人だから
聞かせられませんと言う事もままあるわけです。

そういったことが出来ないまま行うチューンナップは一度行った後に違和感やセッティング
変更のご希望がかなりの確率で発生する事になります。

そこで再度その違和感の内容や、状態を聞くわけですが、上手くお伝えいただく事が出来
ない事が多くなってきました。

きちんと弾いていただければ、その手の動きやタッチでおおよその見当はつきますが、演奏
が見れない状況での再セッティングは本当に手探りの状態となってしまいます。

こういったことの中で初めてのお客さまのギターを2本同時に行うとこの状況が2台重なる
ことになり、2台のセッティングを煮詰めていくにはどうしても時間が大きくかかることに
なります。

まして2本の個性の違う楽器を同じようにというご希望はギターのそれぞれの個性を無視
することにも繋がりせっかくの違いを殺してしまう結果としかなりません。

そういったことを踏まえ、特に初回のチューンナップについては1本だけのお預かりとさせ
ていただき、2台目以降のチューンナップは、まず1本目のギターの仕上がりをきちんとご
評価頂た上で取りかかるようにさせていただきます。
そうすることで2台目以降のチューンナップにおいて、1本目で蓄えたデータが大きく役に
立つことに繋がります。

また違和感などの内容をお伝えいただく際も、素人だから、上手くないからと言うことで
は無く、どの様な言葉でも結構です、思うままにお伝え下さい。

遠慮はいりません。

遠慮されればされるほど理解が難しくなりますので、感じるままにお伝えいただく事が
大変重要です。

チューンナップは私一人が行う物では無く、プレイヤーであるお客さまと一緒に仕上げて
いくものです。

店主は単にそのきっかけをお作りするにすぎないのです。

先ずは1台、チューンナップの効果と結果を知っていただくためにお願いをいたします。
| リペア・カスタマイズ編 | 12:30 | - | trackbacks(0) |
http://ownersrepo.enfini-customworks.com/trackback/299


CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS