Workレポ〜店主の言いたい放題〜

作業レポートをお届けします
こんな事もあるんだ!
 今日はちょっと変わったトラブルの事例を一つ

先日お預かりしたマーチンのギターでチューンナップが目的だったのですが
チェックしているうちに裏板全体のブレイシングが剥がれていることに気付きました。

裏板全てのブレイシングがほぼ規程に、しかもセンター部分を中心に剥がれてしまうと言うのは
余りありません。

取りあえずお客様のご報告しリペアの方は行ったのですが、さてお返ししようとしてケース
にしまおうとしたときにふと見ると、なんだろう、ギターがふわふわとして奥まで入りません。

マーチンのブルーケースは個体差もあって奥まで入りにくいケースがあることは経験上
分かってはいるのですがちょっと様子が違います。

少し押してみるとプヨッとした感触でギターが収まります。

なぜ? う〜ん  ギターを取り出してよく見るとなんか違和感が・・・・・

げっ、ケースの底がまん丸に膨らんでいます。


お客様にご協力いただき写真を撮ってみました。

少しわかりにくいです。


膨らんでいる部分にコインをおいて撮影してくださいました。


真ん中が膨らんでいるのが分かります。

そうこれがブレイシングを剥がしてしまった犯人なのです。

少し強く押すと中に空気が入り込み膨張しています。
原因は不明なのですがかなりの圧がかかっているためエアクッションの様にギターの裏板全体を
圧迫してしまったのです。

店主も長い経験の中でこんな状態のケースは初めてです。
トランクなどの熱で外装が曲がった様なケースは結構見ているのですが内側が膨張している
様な状態は初めてです。

でもこれを期にブルケースを始めマーチンの旧型のモールドケースは気をつけておかないと
恐いかも、と思っています。

古いケースをお持ちのユーザー様は是非念のためチェックをしてみてください。

大きな事故になる前に。

あとこれは店主の思い込みと考えに基づいた物ですがマーチンの70年代や80年代に使用
されていたモールドケースは移動を伴わない「保管」には余り支障はありませんが。
こと移動については少し難があると考えています。

このケースの内装に使用されている素材は、周囲が発泡スチロール製で意外と硬く
ショックを吸収しきれません。
その為うっかり倒したり落としたりすると意外に大きなダメージがギターに
及んでしまうことがあります。
その為家庭での保管用には良いですが移動などを行う際はクッション性のあるギターケース
を使用するようにした方が良いのでは無いかと考えています。

いろいろと試した結果では転倒、落下については最もハードケースが破損の度合いが高く
重度の壊れ方をすることがありますが圧力については断然強い事が言えます。

それに対して軽量なギグバッグ(リッターやナスカケース)はクッションが柔らかく
ショック吸収性が高いのと軽量なため転倒、落下には逆に強い特徴があります。
その反面じわっとした圧力には大変弱いので満員電車などでの移動には注意が必要です。

もちろん硬く重量があっても内装の吸収性の高いケースもありますので絶対ではありませんが
やっぱりかなり高い物となってしまいますね。

そういった特性を理解しながら上手くケースをチョイスして大切なギターを守ってあげて
下さいね。

またこの場をお借りしてこの報告について多くのユーザー様への注意喚起、情報となればと
快くご協力いただきましたお客様に感謝いたします。


| リペア・カスタマイズ編 | 00:43 | - | trackbacks(0) |
D-45ってこうじゃなくっちゃね!
 更新滞っていました。

日々作業に追われる毎日でなかなか時間が取れません。
今日は少し拘りカスタマイズ。


今回はピックガードの交換です。

何の変哲も無いD-45ですが今回はベッコウ柄から黒のピックガードへの交換
これは店主の個人的な拘りでもあるのですが、70年代フォーク好きの店主は
D-45っていえば黒のピックガード、これしか無いと思い込んでるのです。

なのでフォーク好きなお客様のD-45にベッコウ柄のピックガードが付いていると
ほぼ絶対と言うほど黒ピックガードへの交換を口にしてしまいます。

済みません、大きなお世話なんです。

今回のその毒牙にかかったお客様のご依頼で黒ピックガードへの交換です。

80年代以降のマーチンは(マーティンではありません、店主はかたくなに
マーチンと書きます)ペグもシャーラータイプの角形のペグボタンですが
やっぱりマーチンと言えばグローバーのおにぎり型のペグボタンが好きです。

お客様のギターも類もれずシャーラータイプのペグでしたが、これもお勧めの上
ゴトー製のグローバータイプのペグボタンのペグへ換装済。

残すところはピックガードと言う事でかねがねお勧めしておりましたが、店主の
毒牙にかかり徐々に頭が黒のいピックガードになってきたという所で交換と
相成りました。


最初は写真の赤ベッコウ柄のピックガードだったのですが、70年代フォークに限って言えば
やっぱり黒のピックガードがD-45のスタイルを引き締めます。

かっこいい〜

これにつきますね。

処理は出来るだけ塗り込み風に見えるようエッジをラウンドさせ、敢えて1度サンディング
したうえで滑らかに仕上げてバフ仕上げをしています。

そうすることで弾き込まれて馴染んだ風合いを作ります。

やっぱりD-45は黒ピックガード。

うんうん

何度見てもかっこいい、何時までも見ていられる
にんまり出来るギター

それがD-45 自分にとっても王様だなぁ〜 

これだけで音が良くなった気がする。

はっはっは!

黒ピックガードの会でも結成したいなぁ〜〜〜〜 なんてね!


| リペア・カスタマイズ編 | 21:20 | - | trackbacks(0) |
ブリブリブリッジ!
 久しぶりにちゃんとリペアの記事!

今回はGrevenのブリッジ浮き。

ブリッジの後端が浮いてしまっている状態と言う事でブリッジのリセット。

と、あれっ 浮いている写真がありません・・・・・・・・
取り忘れです う〜

気を取り直して先ずは浮いているブリッジを剥がしました。



はは、結構塗装の剥がし方は雑です、後ろは結構内側です。
これでは接着しても再発の恐れがあるので、接着面積を広げるためにブリッジ外周
ぎりぎりまで接着面を拡大していきます。

・・・・・・

すみません写真忘れました・・・・・
駄目ですね、すぐ忘れてしまいます。



写真は軽い修正の途中ですが歪みはまだ残っています。



サンディングをして底面のうねりを修正します。



修正が完了したら、ボディトップの形状に合わせて慎重にスクレイピングで形状を
合わせていきます。

接着性を上げるために中央部をほんの少し凹面にして行きます。

面が整ったら位置合わせをして接着クランピング。



1日ほど固定して完了。

ブリッジピンのフィッティングを行いサドルも新たに製作してセットアップ。

う〜んすばらしい。

やっぱりGrevenはいい!
ブリッジって大事です。
浮きが有るままほったらかしにするとダメージが大きくなってきますので
おかしいなと思ったら出来るだけ早めのチェックリペアをして下さいね。


| リペア・カスタマイズ編 | 11:45 | - | trackbacks(0) |
ふぁいや〜
 先日Gibson J-45のピックガードを交換したのですが格好いいのでご紹介。



J-45のすモールピックガードをラージに交換と言う事で素材のご指定がファイヤー
ストライプのご希望と言う事で、素材選び。

純正のファイヤーストライプもいいのですが薄く立体感や奥行き感が少し寂しい
と言う事で今回はトーティス製のファイヤーストライプを取り寄せてみたところ
これが「いい!」厚みと模様の奥行き感が何とも美しい。
これは大正解!

オーナー様にも喜んでいただけた様で嬉しいです。

トーティスのファイヤーストライプ、これは有りです!


| リペア・カスタマイズ編 | 10:50 | - | trackbacks(0) |
えるえっくすぴぃ
 たまにこんな事もやってますと言う事でご紹介

フィンガーピッキングのプレイヤーに絶対的人気のLcxicon LXP-1
既に販売終了から古いものだと20年オーバー、中古品等で入手という形ですね。

さてしかし、既に販売終了から20年あまり全体的な疲れも出ていることは否めません。

既にメーカーサービスも打ち切られていますのでメーカー、代理店のサポートは
受けることが出来ません。

今回はご依頼でリペア&セミオーバーホール。

特に破損しやすい部分は入出力のジャック周り。
経年劣化でプラスティックがもろくプラグの抜き差しはおろか移動のショックでも
簡単にジャックが破損してしまいます。


こんな風にパネルの根元から折れてしまいます。
そうなると接触不良も起きてしまいますので要修理です。

先ずは基板から全てのジャックを取り外します。


この時に基板上のパターンの剥離、断線がないか入念にチェックします。
またフラックスの劣化で起こる浸食などがある場合はハンダを除去して再度
新しいハンダを流します。


基板のクリーニング、リ・ハンダなど必要な作業が終わったら新しいジャックへ交換します。

合わせてボリュームやセレクターなども可能な限り分解して洗浄しておきます。
電源周りのコンデンサーも劣化している確率が高いので必要に応じて交換します。


金メッキスリーブのジャックへ交換しました。

またLXP-1の電源ジャックは少し問題が有り特にUSA製のLXP-1はジャックの
所にグランドコンタクト用の菊座ワッシャーが挟まれているためリアパネルが
少し膨らむ形になってしまうので電源のジャックの位置が奥まってしまう場合が多く
ACアダプターのプラグの長さが不足してしまうため使用中に接触不良を起こして
電源落ちが発生してしまうことがあります。

プラグの長いタイプのアダプターが用意できれば問題は少ないのですが規格の違いで
センターピンの太さの違うものを使用されている場合も多く見受けます。

電源落ちは致命的なトラブルにもなりますので、電源のジャック、プラグは
プッシュロックタイプへ交換し意図して外さない限りはずれない様に交換を行います。


本体側。


アダプタ側

それとLXP-1はラックマウントが可能な穴がボトムパネルに空いているのですがインチ規格
のため所によってはマウントネジが入手しにくいことが多いのでアンフィニではリ・タップ
して5mmのミリ規格のねじ穴に変更してしまいます。

こうすることで近くのホームセンターなどで簡単に購入できるネジでラックマウントが
出来る様になります。



一通り作業を完了、元通り組み上げてサウンドチェック。
ボリュームガリも解消してまたしばらくの間素晴らしいサウンドを聴かせてくれるように
なりましたね。

お客様の元でまた頑張ってね。

あとこれも大変多いご質問をいくつか・・・

Q1)LXP-1のUSAと香港やチャイナ製のどれがよいのか?

A1)人気の順に言えば圧倒的にUSA、次に香港、チャイナと続きます
USA製は圧倒的な太さとまろやかさから人気がありますが欠点としては
少しサーキットノイズが強く、ボリューム(アウトプットボリューム)を
上げていくと強いサーノイズが聞こえます。
香港、チャイナは製造年の新しさもあり現役としても程度の良いものが手に入りやすい
事があります。
またサウンド面ではUSAに比べてシャープでクリアな傾向があります。
ノイズもUSAと比較して少なくクリアな音質といえます。
そのどちらもLXP-1のサウンドとして優劣は付けがたくプレイスタイル、好み
で選択をすると言うのがいいですね。

Q2)DELAYツマミの上のLEDが点滅しています。 パラメーターを切り替えても
それほど音が変わりませんなぜですか?

A2)LXP-1はパラメーターの選択の部を回すだけではパラメーター値が反映されません
パラメータ選択ツマミを回した後、DECAY,DELAYの両方のツマミを操作し、LEDの点滅が
点灯に変わった時点でパラメータが反映される仕組みです。

Q3)どのパラメータを使用すればいいですか?またDECAYとDELAYのツマミの位置を
教えてください。

A3)ごめんなさい!これは使用する場所、プレイスタイル、求める効果により様々な設定が
あります。
とにかく試していろいろなサウンド効果から自分にあった値を見つけてください。

アドバイスできるとすれば、プロの楽曲を例にお客様の環境をお知らせいただければ
参考事例としてアドバイスは可能ですが絶対ではありません。

Q4)プリアンプからの出力はモノラル1系統なのにLXP-1の入力はステレオで
接続できないのですが、どうすればいいのでしょうか?

A4)LXP-1に限らずステレオタイプのエフェクターはLch(機種によってはどちらへ入力
しても良い)へ入力を行うと内部でLRへ同信号が割り振られステレオで信号処理されて
LRから出力されるようになっています。
モノラル信号をLchへ入力するのが一般的になります。

Q5)LXP-1の修理は随時行って貰えるのでしょうか?

A5)申し訳ありません、現在パーツの保有数に限界があるためLXP-1のみの
修理受付は行っておりません。
既にアンフィニとのお取引がありパーツ保有があるときにのみお受けしています
大変申し訳ありませんがご了承ください。

まだまだ細かいご質問もありますが取りあえずご質問の多い順にトップ5のご紹介
でした。

出も古い機器は使いこなしだけでなくメンテナンスもお金がかかります。
上手く使っていい音出してくださいね〜




| リペア・カスタマイズ編 | 17:09 | - | trackbacks(0) |
今日の1ショット
 今日の1ショット

久しぶりのリペアファイルです。

これはヒールクラックのリペアを行ったところ

エンドピン部分を突き上げてしまったと言うことでエンドピンの部分から
両脇に15センチほどの長さでぱっくりと割れてしまった状態でした。

こうなるとボディ内部のエンドブロックも綺麗に割れてしまっていますので
エンドブロックの接着を行い補強を加えて直します。

今回は緊急を要すると言うことでライブまで時間が無く取りあえず使えればいいと言う
事でしたが、やはり割ったときのショックは大きいとおもいます。
多分見る度に落ち込んでしまうかなぁ

ここは少しでも綺麗に目立たないようにと言うことで完璧ではありませんが
タッチアップを行い仕上げを行いました。

こんな具合に仕上がりました。


乾燥時間が余り取れなかったので少し時間がたつと割れ部分にめやせが出てしまう
状態となりますが、取りあえず使用するには問題はないでしょう。

普段の使用に際し傷口を見たときに少しでもショックが和らいでくれれば
うれしいなぁ

時間がたって目痩せが出きったら又磨きに持ってきて欲しい。

そのときこそ完成状態になると思う。

この例ではクラックリペアと合わせて部分タッチアップで¥15,000位〜
塗装は下地まで剥がさずにトップコートを研磨し肌の段差を整えて
部分的にエアブラシによるタッチアップをしています。
もちろん傷の大きさで変わりますが、それでもこのくらい綺麗になります。

今回良かったのは割れてすぐに持ってきてくれたと言うこと。
傷口が開く前に固定接着が出来たことで殆ど目立たなく接着が出来ました。

完璧を望む場合は木地から研磨しますので部分的に再塗装になりますのでもう少し
かかります。

詳しくはご相談くださいね。
| リペア・カスタマイズ編 | 21:36 | - | trackbacks(0) |
メールでのお見積もりについて!
 ブログの方なかなか時間が取れずに更新が出来ません。
ネタだけは溜まる一方なんですけど。
何とかしなければ・・・・

さて今日はお願いというか、知っておいて欲しい事があります。

この所メールでのリペアのお見積もりのご依頼が結構多くあります。
しかしメールではかなりのおおざっぱなお見積もりしかお出しすること出来ません。

というのはギターの健康状態によって、行う内容や、作業が大きく変わってくるため
お見積もりをしてもその通りというわけにはいかないことも多いのです。

ある部分お医者様的な部分もあるかと考えています。

皆さん病院に行くのに事前にお見積もりや、完治までの期間って聞けないと思います。
それは一人一人症状も違えば薬や治療法が違います。
また身体の状態によっても完治するまでの期間もまちまちです。

全く同じというわけではありませんが、やはり様々な環境で使用されてきた
楽器ですから1つ1つ違うのです。

そういった面から本当に大まかな概算のお見積もりは出来ますが、詳細部分までの
お見積もりや、明確な納期はお答えが出来ませんのでご理解いただければと思います。

また概算のお見積もりはやや高めにお伝えするようにしています。
これは最初に安価なお見積もりをお出ししてしまうと、拝見時に変わる可能性が
あると言うことお伝えしたうえで実際の作業時にもっと大きな作業が必要になった
場合、それを行う事で費用が上がることをお伝えした場合クレームになってしまう
事があります。

どうしても安価なお見積もりが頭に残ってしまいますので、それが基準になって
しまう事で、本当に必要な作業が出来なくなってしまうと言うこともあります
その為、必ず拝見させていただいて、実際の状態に合わせたお見積もりが最終の
お見積もりとなりますのでご理解下いただけますようお願いいたします。
| リペア・カスタマイズ編 | 02:17 | - | trackbacks(0) |
複数のギターのチューンナップをご検討のプレイヤー様へ!
 初めてのお客さまへのお願いです。

ここのところ初めてご依頼いただくお客さまについて、複数のギターのチューンナップを
ご希望されることが多くなってきました。

アンフィニでは出来るだけそのギターを良い状態に仕上げさせていただける様時間をかけ
入念に作業の方を行わせていただきますが、ギターにもそれぞれ個性や個体差など違いが
あり、ひとからげに同じセッティングで同じようなサウンドを求めると相反する結果と
なってしまう事があります。

また初めての場合、プレイヤーであるお客さまと、作業を行うアンフィニとの考え方の
ズレなどがどうしてもおこってしまう場合があります。
店主はお客さまのプレイを知りませんし、お客さまも店主の技術を知りません。
そういった面から相性なども見極めていかなくてはいけません。

例えば、プレイヤーサイドの考えとしてはとにかく弾きやすくしたいと言うことが念頭に
ありますが、それが上手く表現できず、お任せで作業を行ったとします。

アンフィニでは出来るだけギターの個性を見極めてそれを生かす、潜在能力を引き出して
あげたいというようにチューンナップを行った場合、その結果として違和感を生じると
いう形になる可能性も秘めているわけです。

先ずはプレイヤーであるお客さまの求める部分を見いだすため、出来るだけ演奏を見たり
聞いたりと言う事をお話しさせていただくのですが、自分は上手くないから、素人だから
聞かせられませんと言う事もままあるわけです。

そういったことが出来ないまま行うチューンナップは一度行った後に違和感やセッティング
変更のご希望がかなりの確率で発生する事になります。

そこで再度その違和感の内容や、状態を聞くわけですが、上手くお伝えいただく事が出来
ない事が多くなってきました。

きちんと弾いていただければ、その手の動きやタッチでおおよその見当はつきますが、演奏
が見れない状況での再セッティングは本当に手探りの状態となってしまいます。

こういったことの中で初めてのお客さまのギターを2本同時に行うとこの状況が2台重なる
ことになり、2台のセッティングを煮詰めていくにはどうしても時間が大きくかかることに
なります。

まして2本の個性の違う楽器を同じようにというご希望はギターのそれぞれの個性を無視
することにも繋がりせっかくの違いを殺してしまう結果としかなりません。

そういったことを踏まえ、特に初回のチューンナップについては1本だけのお預かりとさせ
ていただき、2台目以降のチューンナップは、まず1本目のギターの仕上がりをきちんとご
評価頂た上で取りかかるようにさせていただきます。
そうすることで2台目以降のチューンナップにおいて、1本目で蓄えたデータが大きく役に
立つことに繋がります。

また違和感などの内容をお伝えいただく際も、素人だから、上手くないからと言うことで
は無く、どの様な言葉でも結構です、思うままにお伝え下さい。

遠慮はいりません。

遠慮されればされるほど理解が難しくなりますので、感じるままにお伝えいただく事が
大変重要です。

チューンナップは私一人が行う物では無く、プレイヤーであるお客さまと一緒に仕上げて
いくものです。

店主は単にそのきっかけをお作りするにすぎないのです。

先ずは1台、チューンナップの効果と結果を知っていただくためにお願いをいたします。
| リペア・カスタマイズ編 | 12:30 | - | trackbacks(0) |
アンフィニで使用する弦について!
アンフィニでチューンナップした際のお渡し時に使用している弦について、多くのご質問がありましたので個別にお答えしておりますが、改めてご紹介したいと思います。

アンフィニでは全ての作業時と最終のお渡しの際に使用しているのは、アンフィニのセレクトショップでも販売しております、ディーンマークレー社の
CL フォスファーライトゲージを基本的に使用しています。

特に御指定がある場合はそちらを使用しますが、御指定がない場合はディーンマークレーを使用して調整、お渡しをしています。

調整時にも調整用と言うことで安価な弦などは一切使用しません。
テンションのバランスなどが不揃いの弦を使用してもきちんとした調整が出来ないので、勿体ないと言う部分もありますが、惜しみなく使用します。

既に愛用していただいている方はご存じですがアンフィニで使用している弦はノンパッケージのストレートな状態です。

巻き癖の一切無い弦は抜け、張り共に素晴らしいサウンドを奏でてくれます。

チューンナップ後は是非この弦のサウンドを楽しんでみてからご自身の愛用弦に交換してみてくださいね。

| リペア・カスタマイズ編 | 23:22 | - | trackbacks(0) |
とれもろ〜 あ〜〜〜むっ!
本日のご依頼は、Rain Song!
聞き慣れないメーカーですが全てがカーボファイバーで作られたアコースティックギター!
雨が降っても大丈夫と言うことでRain Song 良い名前です!

さて今回は変わったご依頼です、まず下の写真を見てください!



見慣れない物が付いています。
そうですトロモロアームです。
このギターは巨匠中川イサト師匠のご依頼でビグスビーのトレモロアームを取り付けいたしました。

このギター先日のイサト師匠の還暦のパーティーライブでもご覧になった方も多いと思いますがまさにそのギターへのアームの取り付けとなりました。

今までメーカー製の物でマーチンなどで制作されたものは有りましたが、後付は余りありません。店主もエレキギターへの取り付けは多く行ってきましたがアコースティックギターへの取り付けはほとんどありません。

今回アコースティックギターへの取り付けに際しまず表板の強度、テンション、サドルと言ったところに注意を払いました。

まず表板の強度については、幸いなことに Rain Song はウッドコアの周りにかなり厚いカーボンの層がありかなり強度は強いようです。裏側に手を当てるとブレイシングはおろかリブすらもない全くののっぺらぼうです。アームを取り付けるにはまたとないやりやすさです。

しかしだからといって重いアームユニットを取り付けるには不安もあります。
そこでエボニーのプレートを H型に切り出し、さらにリブ形状にすることでアーミングをした際に力が分散されるようにしてみました。



取り付け部のアップです。



アーミング時にはかなりのテンションがサドルにもかかるのとビグスビーの設定されている弦の間隔がエレキギター用と言うこともあり狭いのです。

そこでサドルには強度と摩擦に強い、ブラスを選び、なおかつ弦間隔を広げるため
ガイド溝を付け間隔を調整しました。

ただ広げるだけではアーミングの際引っかかりが出てしまうので、出来るだけスムーズな動きが出来るようなめらかな処理をすると共に導入溝の中でオクターブピッチの調整も行いました。



ビグスビーはそもそも大きなアーミングではなく、本来のトレモロ効果を出すためのアームですので大きなアーミングはしません。

可動範囲の中ではかなりスムーズな効果が得られたのではないかと思います。

イサト師匠も早速レコーディングで使用してみたいと言うことで、近い将来アーミングプレイが披露された音源が発表されるかもしれませんね。

店主も楽しみです。

ちょっと変わったチューニングですが、いや〜楽しい楽しい。
これからもいろんな事に挑戦していきます!

| リペア・カスタマイズ編 | 23:00 | - | trackbacks(0) |

1/2pages>>


CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
WATCH
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS